オタ活

オタクのためのお金節約術&オススメの家計簿!

お悩み

・オタ活や推し活資金が足りない

・毎月支出が多くて貯金ができない

・もっと推しにお金を使いたい

こんな悩みを解決できる記事を用意しました!

この記事で紹介する「オタクのためのお金節約術」を実践すれば、誰でも簡単に推しのためのお金を捻出することができますよ!

なぜなら、実際にボクもこの方法で支出を減らして推しに会うためのお金を確保したり貯金をしているからです。

2021年のボクの支出はこちらから↓

【大暴露!】コロナ禍におけるオタ活費用を大公開してみた!

令和に入りオタ活・推し活といった言葉が多く使われるようになりましたね! しかし、それと同時にこんな記事やニュースを見るようになりませんでしたか? 『オタ活費用の実態!年間10万円越えも!?』『年間20 ...

続きを見る

この記事のターゲット

初めに、この記事は毎月数万円から十数万円を推しに使うオタク向けの記事になります。

テレビなどでよく見かける「平均年間支出は10万円!」の方には当てはまらない部分もあるかも知れません。

そのため、参考にできそうな部分があれば是非参考にしていただけると嬉しいです。

年間100万円近く推しに使っているよ!というオタクの方に対しては絶対に参考になる記事になるよう頑張って書いていきます!

節約前にお金のかかる項目を再確認

それでは早速節約方法を紹介していきたいところですが、まずはオタクが毎月何に支出をしているのかを確認していきたいと思います。

チケット代

推しに会うためには必ず発生する必要経費です。

無銭の現場もありますが、無銭現場のみ行くことは少ないと思います。

そのため、支出の中でもそれなりの割合を占める経費になってきます。

物販・特典会

こちらも推しを応援する上で必ず必要になってくる支出になります。

購入数を減らすといった方法で節約は可能ではあります。

ですが、ここを我慢することがオタク節約術ではありません。

むしろ、ここに使うためのお金を捻出することがオタク節約術になるため購入数を減らす必要はないでしょう。

移動費

現場が近隣に固まっているなら良いですが、基本日本全国の地方にも回ることになると思います。

そのため、チケット代以上にかかってしまうのが、この移動費です。

ですが、移動費は工夫と努力次第でかなり削減できますので、必須の節約項目になります。

宿泊費

宿泊費も移動費同様に支出項目としてはかなりの額になる項目です。

イベントの終了時間が遅く後泊が必要になったり、早朝の並びを考えて前入りをしたりと宿泊する理由は様々だと思います。

ですが、宿泊費も工夫次第でいくらか節約することができます。

その他、平日の支出

その他イベントのない平日やオタ活に関係ない支出がこちらになります。

支出の内訳は様々だとは思いますが、基本的に減らせる支出も多いはずですので、こちらも節約対象の支出となります。

日頃は質素に過ごすこで推しとの時間を増やすことができますよ!

減らせる支出を減らして節約すべし

それでは先ほど確認した支出項目の中で、減らすことができそうな支出の節約方法を紹介していきたいと思います!

移動費

移動費に関しては色々な節約方法がありますが、大前提として複数人で動くと安くなる傾向があります。

そのため、同じ地元から推しを応援している知り合いを作ることも考えておきましょう

複数人で自動車

地元が同じオタクがいるのであれば一緒に車で移動してしまうのが1番安くすみます。

長距離であれば運転は交代でしてお互いにイベントのための体力を残しておきましょう。

運転をお願いする場合は、高速代やガソリン代を多めに持ってあげるのがいいと思います。

また、自分が車を出す場合には、車中泊も検討できるため季節によっては宿泊費も抑えることが可能です。

夜行バス

移動費を一番削減できるのが夜行バスです。

夜行バスであれば東京名古屋間を片道3,000円程度で済ますことも可能です。

新幹線利用だと10,000円以上かかるため、往復で14,000円以上の節約になります。

ただし、夜行バス利用の場合、結局イベントまで時間を潰すためにお金を使ってしまうこともあります。

そのため、イベント会場へのアクセスが簡単な漫喫なども併せて調べておくと良いと思います!

ミルキーウェイ

ツアー利用

どうしても前いりや後泊が必要になってしまう場合は、JRなどが出しているツアーを利用すると大分節約ができる場合があります。

新幹線往復とビジネスホテル付きで20,000円以下に収まることも多いので宿泊が必須の場合はチェックしてみましょう。

飛行機

飛行機利用の場合は、LCC一択となると思います。

最近でこそLCCには多くの路線や本数がありますが、やはり便利な時間はすぐに売り切れてしまうことが多いです。

そのため、予定が確認したタイミングで一度最寄りの空港から出るLCCを確認してみましょう。

なお、LCCでも繁忙期の場合は、ANAやJALなどと金額が変わらない時があります。

その時はANA、JALの方が遅延や欠航が少ないため、わざわざLCCにする意味はありません。

飛行機の値段の確認はこちらから↓

レンタカー

宿泊費

宿泊費を抑えるためには、まずいくつかの予約サイトをチェックしてみるようにしましょう。

サイトによって掲載してるホテルが違ったり金額が違ったりします。

また、会場最寄りえき付近ではなく、何駅か外すことで大分金額が変わることもあります。

会場からの往復料金も含めて宿泊費を計算してみましょう。

また、男性であればカプセルホテルを利用するもの一つの手です。(最近は女性が利用できるカプセルホテルも増えていますよ!)

なお、最安は漫喫やネカフェに泊まることだと思います。

ただし、予約が取れなかったりシャワーがなかったりするので事前に下調べはしておきましょう。

その他、平日の支出

こちらの支出で真っ先に減らせるものはタバコとお酒です。

お酒に関しては無理をする必要はないと思いますが、タバコに関してはやめられるならやめましょう。

タバコの匂いは現場でもよく思われていませんし、推しからも言われないだけでタバコ臭いと思われています

また、身だしなみに関する支出を大幅に減らしてしまっているオタクも多くいますが、減らしすぎないように気をつけましょう。

定期的に服と靴は買い替え、清潔感を持って現場に通いましょう。

また、日頃の支出をクレジットカードや電子決済にするのも節約になります。

おススメのクレジットカード(楽天・ANA・JAL)

オススメのクレジットカードは楽天と航空会社系のカードです。

理由としては、楽天カードはポイントが貯まることで日用品の支出が抑えられる点。

航空会社系のカードに関しては、オタ活しているとマイルがたまります

そのため、年間何回か飛行機をマイルだけで利用でき移動費の節約ができる点です。

ボクは年間の支払いの9割を航空会社系カードにしているため、今年の推しグループの春ツアーでは飛行機代は一切かからず回ることができました。

節約をするなら必須!家計簿をつけよう!

オタクに限らず節約をするなら家計簿をつけるのは必須です!

項目ごとに支出を見える化することで何を節約すれば良いか見えてきますよ!

家計簿をつけるメリット

家計簿をつけることで得られる1番のメリットは支出の内訳が見える化することです。

自分自身がどんな支出が多いのかを知ることから節約は始まります。

また、オタクが家計簿をつけるメリットとして、チケットの申し込み忘れや支払い忘れの防止をすることができますよ!

オススメの家計簿

そしてボクのオススメの家計簿はこちら。

この家計簿はdocomo公式の家計簿のため、docomo払いの内訳を簡単に確認することができます。

先着販売などでキャリア決済の方が早い時があるので、その利用歴が簡単にわかるのがとても便利です。

docomoじゃない方にはこちら!

オタク用の家計簿があるみたいです。

チケットやグッズのトレードメモ機能など、オタクが嬉しい機能が揃っていますよ!

推し活支出管理

推し活支出管理

無料posted withアプリーチ

まとめ

節約前にお金のかかる項目を再確認

オタ活をする上ですぐに節約できる項目は、移動費と宿泊費です!

移動費

ほとんどの場合、複数人での自動車移動や夜行バスが最安になります

宿泊費

宿泊先を選ぶときには、いくつかの予約サイトを比較し会場最寄り駅から離れた駅での宿泊も視野に入れましょう!

節約をするなら必ず家計簿をつけよう!

節約をする上で支出の見える化は必須です。家計簿アプリなどを利用して家計簿をつけるよう心がけましょう!

以上、「オタクのためのお金節約術&オススメの家計簿!」でした!

長く強くオタクをしていく上で節約は必須になっていきます!

浮いたお金をしっかりと推しのために使っていきましょう!

それでは良いオタライフを!

併せて読みたい

推しのもっと推されたい方はこちら

【必見】推しに推されたいなら人として魅力的になろう!

オタクをしていく上で1番に思うことといえば、やっぱり推しに推されたいということですよね。 実際に現場に行っていると、推されている人と推されていない人ではアイドルさんの対応が違うことは明らかではないでし ...

続きを見る

推しから認知を貰いたい方はこちら

【絶対もらえる】推しから認知をもらうためにすべきこと

アイドルを推していく中で、誰しもがもらいたいもの。 それは”推しメンからの認知”だと思います。 認知をもらってからの推し活ともらうまでの推し活では見えてくる世界が違ってくるものです。 今回は、そんな認 ...

続きを見る

お問い合わせ

    -オタ活
    -, ,