自分磨き

お尻を引き締める簡単トレーニング!バックキックを解説

お悩み

・たるんだお尻を引き締めたい
・ヒップアップして綺麗なお尻を作りたい
・基礎代謝を上げてダイエットしたい

こんな悩みを解決できる記事を用意しました!

この記事で紹介する「バックキック」を日頃のトレーニングに取り入れれば、誰でも簡単にお尻を鍛えることができますよ!

この記事を書く私の体組成はこんな感じ(In Bodyさんにて測定)。

記事前半では「バックキックとはどんなトレーニングなのか」について、後半では「バックキックのやり方」を解説するので、ぜひ参考にしてくださいね!

※「すぐにバックキックのyやり方について知りたい!」という方は、「バックキックのフォームを解説!」へどうぞ!

バックキックってどんなトレーニング?効果は?

バックキックとは、四つん這いの姿勢から片足を後ろに蹴り上げる動きでお尻を鍛えていくトレーニングになります。

それではバックキックでお尻を鍛えことにはどんな効果やメリットがあるのか紹介していきますね!

バックキックの効果

バックキックによってお尻の筋肉を鍛えることによって弛んだお尻を引き締め、ヒップアップ効果を期待するとができます。

加えて、お尻の筋肉はとても大きいため、鍛えることで基礎代謝アップ効果も期待できますよ!

また、バックキックの動作は太ももの裏側の大きな筋肉も関与してくるため、それも代謝を活発にし消費カロリーを増やしてくれます。

バックキックのメリット

バックキックのメリットはフォームが簡単でダンベルなどの器具が不要なため、自宅でも手軽に取り組めるところです。

また、トレーニングチューブを利用することで、自宅でも簡単にトレーニング強度の上げ下げも可能です。

バックキックで鍛えられる筋肉は?

それでは続いてバックキックで鍛えられる筋肉を紹介していきます。

大臀筋

大臀筋はいわゆるお尻の筋肉のことです。

大臀筋は下半身の筋肉の中でもとても大きく基礎代謝量の多い筋肉です。

そのため、鍛えることでスタイル改善だけでなく、太りにくい体作りにおいても重要な筋肉と言えます。

バックキックのフォームを解説!

ここまでバックキックとはどんなトレーニングなのかを紹介してきました。

そしてここからはバックキックのやり方について、まずはフォームから解説していきます。

四つん這いの姿勢をとる

バックキックのスタートポジションは四つん這いの姿勢になります。

背中を反らしたり丸め過ぎずに真っ直ぐにすることを意識しましょう。

片方の足を大きく後ろに伸ばす

どちらか片方の足を大きく後ろに伸ばします。

この時にお尻の力で足を上げることを意識しましょう。

足をゆっくり元の位置に戻す

足をゆっくりと下げてスタートポジションに戻ります。

最後に動画で動きを確認しよう

最後に動画でバックキックの動きのイメージを確認してみましょう!

↓骨盤をサポートして美尻に!?↓

バックキックのトレーニング効果を高めるコツ

それでは続いてバックキックのトレーニング効果を高めるコツを紹介していきます!

身体はまっすぐに!

バックキックを行う際に背中を反ってしまうとお尻の筋肉の収縮が弱まってしまいます。

収縮が弱まってしまうと筋肉への負荷が弱まりトレーニング効果が下がります。

そのため、背中は反らさずにまっすぐにしておくことを意識しましょう。

足をお尻より上げることで強度UP

足をお尻よりも上に上げることでより一層お尻の筋肉を収縮させることができます。

背中側にある壁を押し上げるイメージで足を上げるようにすることで、しっかりとお尻の筋肉を収縮させられるはずです!

チューブを使ってみよう!

また、足を上げる高さだけでなく、トレーニングチューブを利用することでも強度を調整することができます。

トレーニングチューブを利用することで細かい強度調整が可能になります。

そのため、よりしっかりとバックキックでお尻を鍛えたい方は、是非トレーニングチューブを取り入れてみてください。

バックキックのトレーニング効果を高めるグッズ

それでは最後にバックキックのトレーニング効果を高めるグッズを紹介していきます。

トレーニングチューブ

トレーニングチューブを利用することでバックキックの強度調整を細かく行うことができます。

自重でのトレーニングで物足りなくなってしまった方にオススメです。

ヨガマット

バックキックは四つん這いになるため、床に何も敷かないと膝が痛くなってしまいます。

タオルなどでも問題はありませんが、より体への負担を減らすことができるヨガマットがオススメです。

まとめ

バックキックってどんなトレーニング?

四つん這いの姿勢から片足を後ろに蹴り上げる動きでお尻を鍛えていくトレーニングです。

バックキックのメリット

フォームが簡単でダンベルなどの器具が不要なため、自宅でも手軽に取り組むことができます。

バックキックのトレーニング効果を高めるコツ

身体はまっすぐにすることによって、お尻への負荷が逃げずにしっかりと鍛えることができます。

以上、「お尻を引き締める簡単トレーニング!バックキックを解説」でした!

バックキックは簡単に自宅で取り組むことのできるトレーニングです。

ちょっとの空き時間やテレビを見ながらでも取り組むことができるので、是非一度試してみてください!

ボクもまだまだ頑張ります!

併せて読みたい

↓簡単にダイエットしたい人にオススメ↓

【座るだけダイエット!】タニタ バランスクッションを試してみた!

こんな悩みを解決できる記事を用意しました! この記事で紹介する「タニタ バランスクッション」を使用すれば、どなたでも簡単に消費カロリーをアップして痩せにくい体つくりができますよ! なぜなら、実際にボク ...

続きを見る

↓お腹を綺麗に鍛えたい方はこちら↓

【腹筋ローラー】膝コロのやり方と効果を解説!

お悩み ・かっこいい腹筋がほしい・腹筋を割りたい・腹筋を鍛えたい こんな悩みを解決できる記事を用意しました! この記事で紹介する「腹筋ローラー(アブローラー)の膝コロ」トレーニングを取り入れれば、初心 ...

続きを見る

お問い合わせ

    -自分磨き
    -, ,